読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どぶさらい

精神衛生のために。

茂木健一郎に「ノー」と言う

当ブログの目的は、この初回投稿記事のタイトル通りである。

 

茂木健一郎という人物は、テレビその他のメディアで盛んに活動している。しかし、学問的には全く評価に値しない。心の哲学の専門家が茂木の本について話をしないのは、そもそも時間を割くに値しないからである。それに対して、世間の多くの人々は、茂木が心について「真面目に」*1書いたものには関心がなく、ただ彼の書き散らしたものを何気なく消費しているだけである。これらの条件のもとで茂木は、自身の生活を立て、学問や芸術や世事についてコメントする立場、つまり、「お説教を垂れる側」に至ったわけである。

 

このことが私には腹立たしい。

 

そして、この怒りを世間に公開し、

「この男に金や評価を与えるのは不合理である」

ということを納得してもらうために、当ブログは存在する。

 

これだけのことをやるためには、きちんとした根拠というものが要求されるだろう。そのために私は、

茂木健一郎 (2006) 、『クオリア入門 心が脳を感じるとき』、ちくま学芸文庫

ブックオフで購入した(シールには450円とある)。そして、十全な批判を終えることができたら、この本を燃えるゴミに捨てようと思う。読むに値しない本が自室にあることが恥ずかしいからだ。そして、茂木の無内容なおしゃべりを封殺することさえできれば、それ以上この男に関わるのは、私の限られた時間の無駄遣いだからだ。

*1:私が括弧をつけたのは、私にとっては真面目とは到底思えないからである。